脳の障害は治せる

脳の損傷は回復しないと思われがちですが、最先端の治療で驚くほど回復した例もあります。では、そんな方々の声を聞いてみましょう。

新しい治療!再生治療で克服を叶える

最先端の再生治療で回復

母に最先端の再生治療を受けさせました。最初は不安でしたが、母が少しずつ回復していく様子に思わず涙が出ました。

歩くことを諦めていました

脳出血によって、軽度の麻痺が残りました。1人での歩行や起立に不安がありましたが、治療を受け徐々に自分でもスムーズに動ける感覚を思い出してきて希望を持てるようになりました。

半身麻痺でした

半身麻痺になり、なんとしてでも治したくて治療を受けたんです。少しずつではありますが腕や指先を動かせるようになりました。

あなたの知識はもう古いかも……脳の再生医療が可能な時代に

カウンセリング

医学の技術が進歩し、今は「再生医療」という細胞の修復が可能になる治療方法が注目を浴びています。脳の失った細胞は二度と再生しないという知識はもはや過去のもので、高度な医療が受けられる今は脳の失った細胞は治療できる時代になりました。その方法は、細胞から「幹細胞」と呼ばれる細胞の核となるようなものを取り出し、再生させたい器官の細胞を投与することで修復させたい部分の再生ができるというものです。細胞の特性は、肝臓の細胞は肝臓を、心臓の細胞は心臓を作ることしかできません。肝臓の細胞を取り出して培養しても肝臓にしかならず、心臓には適合しないのです。そこで注目されるのが「幹細胞」です。幹細胞はいわばマスターキーのようなもので、細胞の主軸となるものですからどの器官の細胞にもカチッとはまり、損傷した部分を再生が叶うのです。

最先端の脳出血の治療

脳出血は、脳内の血管が損傷し脳内で出血を起こす病気です。そうなると麻痺などの運動障害が残ったり言語障害を引き起こしたりします。今はリハビリで改善を図れますが、脳が受けた損傷を改善することは難しいです。再生治療は、自身の培養した細胞を静脈に投与し、脳の損傷を受けた血管や神経細胞を修復を目指す治療法です。副作用はありますが、臨床結果でも効果があると結果がでていますし、安全性も認められています。治療によって麻痺の改善や動脈硬化の効果も報告されていますから、新しい再生治療で従来では不可能だった治療が可能になっています。これからの未来、もしかすると脳出血患者や神経に関する病気は、再生治療が主流になるかもしれません。治らないとされていた病気も治る時代になっていますから、再生治療には大きな注目と期待が向けられています。

広告募集中